遮熱施工

遮熱施工

トップヒートバリアー

 

夏は涼しく? 冬は暖かく? 大幅省エネ?

超高温、超低温と過酷な温度環境である宇宙産業から生まれたアルミ純度99%を使用した遮熱材を様々な環境条件に合わせた40パターン以上の施工マニュアルをもって、どんな条件下の既築の建物でも施工しています。これがT.H.B(トップヒートバリアー)です。

 

輻射熱.jpg

体温36.5℃より低い気温25℃なのに何故暑い?

太陽からの輻射熱(電磁波)は、物に当たると熱を発生し、その物体の温度を上昇させる性質を持っています。体温が36.5℃より10℃以上も低い気温25℃でも、日向に出ると汗が吹き出るような暑さを感じるのは、輻射熱が身体に当たり、身体自体が熱をもってしまうからです。樹木や建物の陰に入ると輻射熱の一部がカットされますので、少し涼しく感じるのです。トップヒートバリアーは、この輻射熱の98%を反射してしまいますので、自然環境に非常に近い超日陰を作ることができます。

 

施工例.jpg

体感温度の変化

輻射熱がカットされると体感温度が変化します。室内温度が体温36.5℃以下の温度では暑さを感じにくく、逆に冬場は低温でも寒さを感じにくくなります。

体感温度が変わる事によって、エアコン等の冷暖房の使用頻度が大幅に減少します。しかも、室内の熱を屋外に逃がしませんし、屋外の熱も室内にとり取り込みませんので大幅な省エネ・省コスト効果をもたらします。

 

 

ATIS工法

金属、セラミック、木材、樹脂、コンクリート等あらゆる素材にトップヒートバリアーを空気層を作らず、両面テープや接着剤で直接取り付けることで、伝導熱を阻止できる万能遮熱工法です。従来のような反射空気層が不要となり、遮熱工事で最も厄介な反射空気層を作るために胴縁を取り付けることや、天井に取り付けるための軽天井等を作ることも不要になりました。これにより施工費用の大幅な削減が可能となります。

ATIS.jpg

 

 

AYAS工法

従来の遮熱工法による遮熱材の高反射性能と、新工法「ATIS」の2つの性能を掛け合わせた工法です。遮熱性能は従来とほとんど変わらずに、使用材料の削減や作業効率が大幅に向上しました。もちろん金属、セラミック、木材、樹脂、コンクリート等あらゆる素材に使用でき、素材自体に両面テープや接着剤で貼る事により伝導熱を阻止できる万能遮熱工法である所はATISと同様です。

AYAS.jpg