ルブロイド <ボイリング処理装置> 導入しました LTS-1000

弊社取り扱いの超極圧潤滑剤、ルブロイドの使用用途として、「潤滑油」「展開剤」の他に

「表面処理(ボイリング処理)」という使い方があります。

 

ボイリング処理とは、切削工具や、金属摺動部品にルブロイド原液を表面処理液として使用し、一定の条件下で熱エネルギーを与えることにより、金属表面に超薄膜のトライボフィルムを形成する表面処理法です。

 

この度弊社では、ボイリング処理装置、LTS-1000を導入しました。

 

 

写真左側に見えるのがLTS-1000になります。

 

LTS-1000の特徴としましては、セミドライのベーキング方式で、処理対象物の形状に関係なく均一に表面処理することが可能です。

 

右手に見えますのは以前から取り扱いしております、ウェットのディッピング方式の機械で、処理対象物を原液に浸ける形で表面処理します。

 

 

LTS-1000の利点として、処理対象物を一度に大量に施工できることと、処理液の量が少なく済むこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タップやダイス、ドリル等、切削工具にルブロイドを塗布し、ボイリング処理することにより、ビビりの軽減や仕上げ面の向上に繋がり、工具寿命も約1.5倍~から2倍に向上します。

 

 

大手メーカーでの導入実績も多数あり、効果は体感できるはずです。

 

 

弊社では切削工具や摺動部品をお預かりしてのボイリング処理、

ボイリング処理装置の販売ともに行っております。

 

 

 

ルブロイド カタログはこちらをクリック

 

 

===============================================

株式会社 サクセス化成

〒919-0542 福井県坂井市坂井町蔵垣内 34-22-1

TEL  0776-43-9395      FAX 0776-43-9396

E-mail : success-k@po4.nsk.ne.jp

================================================